FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEくすぐりその3

FE烈火の剣ネタバレ注意















「いやぁあっはっはっはっはっはっはっ!! だめだめぇっ!! くすぐったいよぉ!! あはっあぁっはっはっはっはっはっはっは!!」

とある薄暗い部屋の中に少女の笑い声が響きわたっていた。
それは奇妙な光景だった、年端もいかぬ少女が無数の大人たちに体を弄られ笑っているのである。

「あっはははははははっはははははははいやぁぁああああ!! もうくすぐらないでぇよぉ!! ひやぁぁぁあああああああっはっはっはっはっはっはっは!!」
「……こんな小娘に時間をかけないで。さっさとやってしまいなさい!」

少女は四肢をX字の姿でベッドに拘束され、身動きも取れずにくすぐられていた。
くすぐっている集団は黒い牙と呼ばれる暗殺集団の拷問を担当する者たちであり、
その様子を見守っている女性はソーニャという名の女性だった。

「きやぁあああっっはっはっはっはっはっはっ!! ソーニャ、もうやめっ、くっ、それやだぁぁああっはははははっはっはっはっはっ!!」
「ふふっ、さっさと壊れてしまいなさいニノ。そして今度こそ私の優秀な駒として働いてもらうわ」

ニノと呼ばれるこの少女は元々はこの黒い牙の一員だった。
しかしとある事情により黒い牙を裏切り、母と思っていたソーニャが元の親を殺していた人物だと知った。
両親の敵をとるため、新たな仲間達と共に戦ったものの奮闘虚しく負けてしまった。
そして次に気付いた時、既に身体には無数の妖しい刺激がニノへと襲い掛かっていたのである。

「ひぃっひゃはああっはっはっはっはっはっはっはっは!! そこくすぐったいよぉっははははははははははははははっ!!
もうこちょこちょちゃだめだってばぁ!!」
「あなたはその軟弱な心さえなければ使い物になるかもしれない」

ソーニャ達が集めているエ-ギルと呼ばれる生命力、これは当人の強さと比例する。
ニノはまだ良質なエーギルが取れる程の強さは持っていなかった。
しかし精霊と話ができるなど魔法に関する才能については目を見張るものがあった。
その魔法の才能を殺しに活かすためにはニノの優しい心が邪魔だったのである。

「おねがいもうやめてぇははははははははははっはははははははははは!! ゆるひてぇははははははははっはははははははははは!!」
「……」

ニノの助けを呼ぶ声に対し、黒い牙の面々は表情を動かしすらしない。
いままで培った技術を尽くし、ニノへと最大限のくすぐったさを与えるために指を動かし続けるだけだった。

「だめだめだめだめぇえええええええっはっはっはっはっはっはっはっは!! もうっもうげんかいひひひひひひひ!!あぁああははははははははははははははははは!!」

それはまだ幼いニノには到底耐えうるものではなかった。
くすぐり、それは単純な子供同士のじゃれ合いでも行われている。
しかし黒い牙では拷問としても用いられる。他の拷問と違い、対象を傷つけることなく苦痛を与えることが出来るため、
今回のニノのように身体はそのままに心だけを壊してしまいたい場合には打って付けだった。

「くすぐったぁああははははははっはははははははっははははは!!そこっっそこよわいぃぃひひひひひひひ!! やらぁはははははははははははははははははははっはっ!!」

脇腹を適度な力加減でもみ続け、腋の下を直に爪先でなぞる。
更に足の裏は左右それぞれを液体を塗りつつ、指の間から土踏まずまで満遍なく指が這わされ続けた。
決してくすぐりに慣れぬように少しずつ手法を変え、また笑い悶えただ暴れているだけに見えるニノの僅かな反応の差から
弱点を絞り込み、効率の良いくすぐりが行われていた。

「いやぁはははははははあはははははははっはっはっはっは!! しぬ、しんじゃう! わらひっおかひくなっひゃぁあぁぁあああはははははははははは!!
こんなのっむりぃひゃははははははははははっはははははははははは!!」
「えぇ、死んでほしいもの。さっさと壊れてしまいなさい」
「おかぁさっ、ゆるしってっえっあははははははははははあっはははあはっはっはっは!!
ごめんなっさぁはっはっはっはっはっはっはっは!! やぁぁああははっはっははははっははは!!」

一切の手加減無いくすぐりはニノの思考を奪い、今縋れるものに縋ってしまう。
それは無意識のことだったのかもしれないが、ソーニャを再び母と呼び助けを求めてしまった。

「……また一時間後に来るわ。それまでに壊しておきなさい」
「まっ、まってぇえええええええ!! おかっっいひゃぁあああははははははははははははははっ!!くすぐったいぃいいい! くすぐったぁっああぁあははははははははははははははははははは!!」

しかしソーニャはその呼び声に応えることはなかった。
ソーニャが扉から去っていくと残るは感情すらあるのか定かではない黒き牙の面々がただニノをくすぐり続けるだけだった。

「んぁああああっはっはっはっははははあはははははははあはっ!! しんじゃうよぉっはっはっはっっはっはっ!!」
ジャフェル!! みんなっ、たすっもうやぁっはははははははははははははははっはははははは!!」

もはや黒い牙にも仲間はいなく、新しい仲間達も殺されてしまったのであろうニノには助けを期待など出来ようもなかった。
くすぐったさで意識は朦朧とし、ニノの意識は途切れていった……
スポンサーサイト
[PR]

えー2年ぶりの更新です。
お久しぶりです、初めましての方は初めまして。
なんだかんだと話すので良いから小説見せろって方は次の記事へどぞ。

何はともあれ仕事忙しかったり引っ越ししたりとわたわたしており全然更新しておらず、誠に申し訳ありません。
やっと落ち着いてきたというのもあるのですが2点程そろそろ創作活動したいなと思うことがありまして。

一つ目はFEのアプリ版が出ました! いやー懐かしいキャラ使えて楽しいですねぇ、そういやFE10人切りとかほざいていたやつが……

二つ目はくすぐりみっとですよ! 多分初のくすぐり創作のお祭り、本当に嬉しいです。是非参加したいところですが、東京離れりゃちゃったい……今年は出来る限り一般だとしても参加を目指したいです。続いてくれればゆくゆくは東京に戻ってサークル参加出来たら良いなぁ。

で、創作を再開したいところなんですが、ちょくちょくは書いていたものの投稿は久々、文章はぼろぼろ。
なのでまずはミニ小説を気楽にブログに上げてく→話の総集編+もう少し見栄えよくして出来れば一作くらい追加してpixivに投稿……みたいな感じでリハビリしてこうかなと思います。
くノ一や榛名さん等はもう少し慣れてから書き始めたい……遅筆ではありますが、お一人でも小説を楽しんでくださる方がいると幸いです。
MHXXの誘惑に負けたら筆長遅k(ry

FEくすぐりその2

タイトル考えるのめんどくさいので変更です!
カゲロウさんもあとで変えようっと、~斬りの方が良いかな。
今回は姫様で妹なサクラさんです。
それではネタバレ大丈夫な方どうぞ!










「ごめんなさい、ヒノカ姉様。私が足をくじいてしまったせいで……」
「大丈夫だ。民を守るために戦ったサクラはとても立派だった!」

ここは白夜王国の北にある村のすぐ近く。王女のサクラとヒノカが村を訪れていたところ、突如魔物達が襲い掛かってきた。村人たちを非難させるため二人は戦っていたものの、あまり戦闘が得意ではないサクラは足を挫いてしまっていた。

「っ、村へと魔物が……」
「ヒノカ姉さん! 村人を助けに行ってください!」

二人が戦闘を終え休憩していると、別な進路から魔物が村へと進んでいく様子が見えた。王女として危険が迫っている国民を見逃すわけにはいかない。

「しかし、そうしたらサクラが一人に……」
「大丈夫です。もうこの周辺には魔物はいないみたいですし、急がないと村がっ!」
「くっ、良いか大人しくしているのだぞ!」

ヒノカは天馬に乗ると村へ向けて飛び立っていった。サクラがその徐々に小さくなっていく姉の様子を心配そうに眺めていると、飛び立っていく下側に目を凝らさなければ見えないほどの小さな影が幾つもあった。

「何だろう、あれ……ノスフェラトゥ、の子供ぉ!?」

ノスフェラトゥ、人型の魔物である。暗夜王国が生み出したと言われており、人を無差別に襲う。
しかし小さなサイズのノスフェラトゥなど見たことも無かった。よって飛び立っていったヒノカも見逃してしまっていたのであろう。その魔物たちは叫んでしまったサクラを見つけると一気に距離を縮めてきた。

「ひっ、やめ、きゃあぁぁぁぁぁぁ!!」

サクラの職業は巫女。味方を癒す力こそあれど戦う力は無い。しかも足をくじいてしまっている今の状態では逃げ出すこともおぼつかず、あっさりと魔物たちに取り押さえられてしまった。

「助けて、いやぁ……」

ノスフェラトゥに押さえつけられてしまったサクラ。このままその手で殺されてしまうのだろうか、それとも口で食われてしまうのだろうか。目を瞑り、身体に走る痛みを待つサクラ。しかし彼女を襲ったのは想像とかけ離れた予想だにしない攻撃だった。

「……っぅ!? あはっあああああああっはっはっははっははっ!! く、くすぐりぃ!? やぁっはははははっはははっ、だめですよぉ!!」

ノスフェトゥ達はサクラの身体にまとわり付くと一斉に全身をくすぐり始めた。その無数の小さな手が全身の到る所を這いずり回り、サクラは大きな笑い声をあげた。

「いやぁはっはっはっはっはっ!! だめだめだめだめだめだめだめぇ!! ふぁっははははははっははははははっ!! くすぐったいですってぇ!!」

両手両足を魔物達が抑え込んでいるためまったく身体を逃がすことができない。サクラは今までの人生で味わったことの無いくすぐったさに悶え続けた。何故この小さなノスフェラトゥ達がくすぐりといった行動に出たのかはわからない。しかしサクラにはその理由を考える余裕などなかった。

「あぁははははっはあっははははっ!! だめぇ、わきはぁ!! そこほんとに弱いんですからぁあああああああああ!! ひぁああはっはははははははははははははっはっ!!」

ノスフェラトゥの指先が脇腹へと食い込むとぐにぐにと揉みしだかれる。親のノスフェラトゥにやられたとしたら痛みで苦しんでいたであろう。しかしこの小さなサイズのノスフェラトゥは力がそれ程無いためか、ただひたすらにくすぐったさだけがサクラを襲った。

「足もぉおお!?  ふわぁっははははははははあははははははははっ!! おねがいやめてぇへへへへへへへへへへへっ!! あぁあああはっはっはっはっはっはっはっはっ!!」

足裏で指を動かすノスフェラトゥ達。そのゴツゴツした指先は肌の上を走らせるだけで堪らないが、特に土踏まずなどは大きな反応を示した。襲い掛かるくすぐったさでサクラの指先は折り曲がり、その苦しさを物語っている。

「ひっ、っ、あ、あぁあああああああはははははははははははははははは!! それむりぃひいひひひひひひひひひひひひひひひひ!! ひゃっははははははっはははははははあはっははっ!! ぺろぺろしちゃだめぇ!!」

巫女服のむき出しになっている腋の下へと食らいついたノスフェラトゥもいた。サクラは一瞬食べられたのかと恐怖したものの、すぐに狂いそうなばかりのくすぐったさが襲い間違いに気づく。まだ歯が生えていないのか、痛みを感じることは一切なく、その腋の下で舌が所狭しと暴れ狂い、サクラは首を左右に振り、必死にくすぐったさから逃れようとした。

「ひゃぁあああああっはっはっはっはっはっはっ!! たすへぇへええええ!!おねぇちあああゃん!! おにぃひゃゃあああん!! うわぁああああああっはっはっはっはっはっはっ!!」

先程去っていった姉、国にいるであろう二人の兄、そして他国にいるまだあったこともない兄を想い助けを求めるサクラ。しかしその助けが聞き届くのはしばらく先の事になる。


END

あとがき
あまりこういうか弱い系って書かないので新鮮でしたね。
それではまた次回ー
……にしてもこのHP小説見づらいな。今度改装しないと

FEくすぐりその1

お久です!
初めましての方はこんにちは、feと申します。
まぁブログ作ったものの放置するのは目に見えてましたね。
さて本題、これからちょくちょく本当に短いFEifのSSをブログに上げていこうかと思います。
とりあえず10キャラくらい書きたいかな……、くノ一とか榛名さんも書こうとは思うんですけどFEが一段落するまでお待ちくださいませ。
ネタバレ満載でございます(透魔はまだ未プレイ)、プレイ中のお方、またプレイしようとしているお方はご注意ください










フウマに捕えられたカゲロウ。
捕虜となってしまった彼女は白夜軍の情報について拷問を受けていた。
忍び装束は着たままではあるが、腕は鎖で上へ引き上げられ、真っ直ぐに前に伸ばされた足は枷で拘束されている。

「あぁああっはっはっはっはっはっはっはっはっ!! ひぃ、はっっはははっはあっははあっはははは!! 」

くすぐり拷問、フウマで対忍び等に用いられる拷問である。
拷問に対する特訓を積んでいる忍びとはいえ、くすぐりへの耐性は少ない。
カゲロウもその一人であった。

「さぁ、さっさと情報を離せ。白夜軍の規模から抜け道など聞きたいことは山ほどある」
「くっ、ひひひ、言わん、絶対に何も!! っ、くぁははははははっははははははははははは!! いひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!」

忍び装束のむき出しになった腋の下で忍びの手が動き回る。
すでに長時間拷問されているためか、汗が潤滑剤となり、カゲロウの腋の下で指先がぐちゅぐちゅと音をたてる。
足袋を脱がされた両足にも忍びの手は及んでいる。
そのくすぐりの苦しさは耐えきれず折れ曲がった指先が物語っていた。

「はあああぁぁぁあああはははははははははははははっははははっ!! いやぁはははははははっはあっははははははは!!」

しかしそれでもカゲロウは何も喋らず耐え続けた。
普段の冷静な性格からは想像もできない様な有り様となりながらも、第一王子に仕えるものとして必死に白夜を守り続ける。

「ちっ、強情なやつめ。しかしこれならどうだ?」
「はぁ、はぁ、はぁ、っ……何を……?」

くすぐっていた忍び達は手を止めると唐突にカゲロウへと針を刺した。
カゲロウはわずかに痛みを感じたものの、いきなり趣向の変わった責めに戸惑う。

「こういうことだよ」
「……? っ、ふぁああああ!?」

再び忍びがカゲロウの腋へと触れた瞬間、とても耐えきれない程のくすぐったさがカゲロウを襲った。
頭へと直接くすぐったさを送り込まれるような刺激に茫然としてしまう。

「くくくっ、身体の感覚を敏感にする針さ。先程とはくらべものにならんだろう? ほれもう2、3本」
「なっ、やめっ、ひっ!」

忍びは立て続けにカゲロウの身体へと針を刺した。
これでカゲロウの身体はどれ程の感度になったのか想像もつかない。

「更に、だ。おい絡繰り師、あれを持ってこい」
「な、なんだこれは!?」

忍びに呼ばれた絡繰り師が持ってきたもの、それは羽が回転する絡繰りであった。
車輪上に羽がつけられたそれはカゲロウの足へと設置される。
また羽を持った自動駆動の絡繰り人形も2台部屋へと入ってくるとカゲロウの両脇の位置へと移動した。

「こ、殺せっ!! こんなっ、もうやめろ!!」

カゲロウは絡繰りが動き出したことを考え恐怖した。
先程の腋を触られただけでのくすぐったさ。
また、今足の裏に羽が当たっているだけだというのに堪らない程にくすぐったい。

「……やれ」
「あはぁ!? ああぁあははっははははははははははははっ!! だめ、これだめぇ!! きゃぁあああはははははははははははっ!!

両脇に移動した絡繰り人形は羽を腋の下へと当てるとただなぞる様に一定の動きを続ける。
足の裏に設置された羽付きの車輪もまた足の裏へと羽を跳ねさせながら回り始めた。

「くっくっく、凄い反応だな。女王に仕えていたこともある白夜の忍びも所詮こんなものか」
「やめろぉおっはははははははははははははは!! しぬぅ!! あひゃははははっはっはっははは!! こんなっあっはははははははははあはっはっ!!」

両方ともに先程より軽いくすぐりである、しかしカゲロウの苦しみ方は尋常では無かった。先程刺された針のせいで身体が過敏になってしまったためこの程度のくすぐりが恐ろしいほどにくすぐったいのである。
むしろ手で強くくすぐられた方が痛みも感じられて感覚を誤魔化せただろう。しかしこの優しいくすぐりではただくすぐったさだけを際限なくカゲロウへと送り込んできた。

「さてその絡繰り達は自動で一晩くすぐり続ける、明日の朝には色よい返事が聞けることを期待しているぞ」
「な、まっはははっはははははははははっははは!! まて!! これとめろぉっははっはははあはははははっははははは!! うわぁはははっはははははははは!! だめぇええええええええええええええ!!」

カゲロウは去りゆく忍びを絶望しながら笑って見送るしかなかった。
このくすぐったさを前に明日まで自分の精神は持つのであろうか。
自問しつつも止まらないくすぐりの前に思考は塗りつぶされていった。

END

あとがき
相変わらず忍者好きだな私!
でもくノ一さん捕虜になるとかそりゃあ妄想もしますよね。

フェレットSS(仮)

さて、まだリンクをお願いしていないのですが、くすぐりゲームといえば、だーぶらさんの笑いの迷宮。
こちらではセフィーナさんが一番大好きで、前pixivで小説を書かせていただきました。これのあとがきは今度詳しく書きたい。そして二番目に好きかもしれないキャラがフェレットさんです。割とリナリーさんと悩む。
そんなこんなで笑いの迷宮よりフェレットさんくすぐりSSです、どうぞ





ここはとある迷宮。多くの財宝が隠されている、と噂されている。しかし罠も多く潜み、未だ財宝を手に入れ、帰還したものはいない。この迷宮へと挑む、無謀なトレジャーハンターの姿があった。
その名をフェレットという。

「出口は何処なのよ。まったく」

……しかしフェレットは洞窟で迷子になっていた。
町で財宝があるという噂を聞き、張り切って迷宮のある場所へと潜り込んでみたものの、道に迷ってしまいとりあえず一度帰りたいと出口を探している有様だった。

「うぅ、食糧底を付いたらどうしよう……あれ、大きな扉?」

フェレットが今までに見たことも無い道を進むと、大きな門、そして隣には張り紙があった。

「えーっと、この先には3つの門と3つの試練がある。これを乗り越えしものが財宝を手にするだろう……財宝!?」

「やっぱり私のトレジャーハンターとしての嗅覚はさすがね! 待ってなさい財宝!」

明らかに怪しい張り紙と門。
しかしフェレットは大きな門を勢いよく開け、中へと入っていった。


第一の関門

「えーっと、また張り紙があるのね」

最初の大きな門を潜ると、また今度は人が一人か二人通れるであろう程度の扉があった。そして先程同様に、また隣に張り紙が貼ってある。

「前にある2本の棒を一分間つかまえろ、さすれば門は開かれるであろう。……近くに穴が空いてるわね」

門の前に上の方から二本の棒がぶら下がっていた。この二本の棒は肩幅程の距離を置いて上から下へと伸ばされており、
ここを掴めとばかりに取っ手がついている。さらにその近くには壁に穴が4箇所空いている。

「何か嫌な予感するけどやるしかないわよね……きゃっ!?」

フェレットは二本の棒まで歩いていき、両手で握り締めた。その瞬間棒は上へと上がりだしてしまった。フェレットは手を上に上げ、爪先立ち状態になってしまった。

「……ひゃん!! や、やっぱりこうなっ、くひひひひ!」

先程の穴から二本のマジックハンドが出現し、がら空きになったフェレットの腋の下をくすぐり始めた。軽く引っかく程度のくすぐりではあるのだが、伸ばしきった腋の下をなぞられるとどうしようもなくくすぐったい。
ここは笑いの迷宮、フェレットの嫌な予感道理のくすぐりトラップであった。

「こ、これぐらいなら、くふふふふふっ!! あ、あぁああああああああ!? あはははははっははは、それ駄目、無理ぃ!!」

フェレットがなんとか30秒ほど耐えたところで更にマジックハンドが追加された。まだ使われていなかった穴から出てきたマジックハンドはフェレットのわき腹へと伸びると容赦なくぐにぐにと揉みだした。腋の下同様守ることもできない状態での強いくすぐりにフェレットは腰を左右に動かし堪えようとする。しかしつま先立ちであるため、動かせる範囲は狭く、またマジックハンドは追従してくるためあまり意味をなさない。

「あっははははははっははは!! 下げちゃうわよ!! こんなのぉ!! ひゃははははははははははは!! だめぇ!!」

フェレットは脇腹への強い刺激に耐えきれず、しゃがみこんでしまった。マジックハンドは穴の中へと戻り、棒は再び掴みやすい位置へと降りてくる。

「はぁ、はぁ、開かないわよね、もう帰ろうかしら……」

自分の入ってきた扉を恨めしく見るものの、財宝という響きには抗えない。再び恐る恐るフェレットは棒へと手を伸ばした。

「ひっあぁ~~~~~~はっあっははははははははははは!! きついわよぉ!! やめへっへっへへへへへへ!!」

フェレットは棒を意地でも離すまいと耐え続けた。30秒が経過し、脇腹へのくすぐりが増えた後も、自分の意思のみで取っ手を意地でも握り続ける。


「うっはぁあああああああ!? あはっ、あぁははははははははは!! やだっっもうやぁあはっははははあははははははははははははははははははは!!」

残り時間が十秒を過ぎた瞬間、腋の下をなぞってマジックハンドの動きが唐突に変わった。5本の指先でこちょこちょと腋の下をくすぐってくる。腋の下と脇腹、両方のくすぐりに頭を振り回し、腕を震えさせながらも必死に捕まり続ける。

「ま、まだぁなののぉおおお!? ぅっぅぅぅあひゃひゃはっはははっひゃっははははははははは!! 限界よおぉ!!」

フェレットはなんとか一分耐え切ることができ、門は開いた。

「はぁ、ちょっ、ちょっと休憩。きついわね、これ……」

フェレットは扉が開いたものの身体を抱きしめへたり込んでしまった。しかしまだ第一の関門、まだ試練は二つもある。フェレットは少しの休憩の後、次の門を潜った。

第二の関門

「次ね。素足を門の前の穴に……ってこんなのばっかじゃないの!!」

続いて書かれていたのは門の前にぽっかりと空いた穴に素足を両足入れ、一分間耐えろというものだった。門の前には二つ穴が開いており、それぞれに片足づつ入れろということなのだろう。

「もう想像はつくけども!! ……靴のままだとどうなるのかしら」

靴を履いたままなら何をされようともくすぐったくは無いはず。フェレットは試しに靴を履いたまま穴の中に両足を入れてみる。

「ピー、ピー。ピー」

「えっ!? ちょっと!!」

門から音声が流れたかと思うと足を入れた穴が閉じてしまった。足首部分をシャッターのようなもので固定されてしまい、引き抜くことができない。フェレットが焦っていると、穴の中で靴が脱がされ始めた。

「なっ、何するのよ!!」

「罰ゲーム、罰ゲーム」

コンピュータの音声が部屋の中に響き渡る。そして穴の中でマジックハンドだと思われるものに靴下まで脱がされ始める。フェレットの武器である銃を撃てばシャッターを壊せるかもしれないが、貫通してしまった場合には自分の足にも当たってしまう。成す術もなく、フェレットは素足にされてしまった。

「わるかったわよ! もうしなっあははははははっははははははっはは!!」

「罰ゲーム、罰ゲーム」

穴の中のマジックハンドは足の裏をくすぐり始めた。フェレットは中を見ることができないので、不意打ち気味にくすぐりをくらい、周りの壁を叩きながら悶え苦しんだ。穴の中をマジックハンドが動き回っているため、内部で足を動かしたくらいでどうにかなるものではない。硬い踵をマジックハンドがさわさわと、窪んだ土踏まず部分を指先でこちょこちょと。逃げ場の無い状態でただフェレットはくすぐられ続けた。

「もう卑怯なことしないからやめへへへへへへへへへへへへへ!! いやぁははははははははははははははっははは!!」

「ペナルティー、ペナルティー」

「な、何よそれぇ!? それくすぐったははははっははははははあっはあは!! くすぐったいてばぁ!!」

今度は何か液体のようなものをマジックハンドが手につけながらくすぐりを行ってきた。滑りがよくなった指先が足の裏を這いまわり、足指の間などにもニュルニュルと入りこんでくる。

「いやぁははははははっははっはは!! おねがっひひひっひひひひひひっ!! ゆるしてぇええええ!!」

罰ゲームは約2分間続いた。

「はぁ、はぁ……死ぬかと思ったわ……また穴に入れなきゃいけないのよね……てか靴と靴下返しなさいよ」

フェレットはベトベトになった足の裏を引き抜くと、靴下と靴が無くなっていることに気づく。しかし穴の中にはどちらも見当たらない。

「素足で進むしかなさそうね……とりあえず今度こそ素足を入れて、ひゃあん!?」

フェレットは再び、今度は素足を穴の中へと差し込んだ。次の瞬間に足の裏を先程のマジックハンドが軽くなぞった。しかしなぞられただけにしては強すぎる刺激がフェレットを襲う。

「ま、まさかさっきの薬!? こんな状態で一分間も耐えろっていうの!?」

先程のぬるぬるとした感触の正体は媚薬。感覚を敏感にするための薬であり、それを足全体に塗りたくられた状態になってしまった。

「くっ……やってやるわよ!! はっはぁあああ!? うひゃはははははははははははははは!!」

マジックハンドの一本一本がフェレットへと悩ましい刺激を送り込んでくる。今度は固定されておらずいつでも引き抜くことができる。しかし第一の関門同様、もし引き抜いた場合には恐らく門が開くことはないだろう。

「ひっあはははははははははははっはは!! だめ、きつ、むりぃぃぃぃぃぃぃ!! もうとめてぇへへへへへへへへへへへへへ!!」

足の裏全体を指先がこちょこちょと動き回り、呼吸をする暇さえ与えない。嫌らしいことに足の裏へとくすぐりは集中し、反射的に反対側へと逃げたいように責めてくる。フェレットは自分の意思で足を穴の中へと伸ばし続けなければならない。

「おかしくなっちゃうわよぉおおおおお!! あぁぁひゃはははははっははははあはは!! いやあああっっいやはははははははははははははは!!」

フェレットは動かせる範囲で上半身を動かし、何とかくすぐったさを紛らわそうとする。地面を叩き続け、涙を流しながら髪を振り乱し、足を引き抜きたい欲望となんとか戦いながら一分間を耐え切った。

「……あはっ……あはははは……」

フェレットは倒れこみ、身体を痙攣させながらも第二の関門をクリアした。

第三の関門

「まだあるのよね……」

フェレットは一の関門と二の関門で疲れ果てていた。どちらもくすぐられる時間は一分と短いもののやり直しや罰ゲームによる延長。そして何より、自分自身の意思でくすぐりを堪えなければいけないというのが拘束される以上にフェレットの精神をすり減らしていた。

「一回諦めて途中からやり直せないのかしらね……って開かない!?」

フェレットは試しに来た道を引き返してみようとしたものの、門は固く閉ざされ、開く気配は無い。

「全部クリアしないと駄目ってこと……? 嘘でしょ……」

フェレットは途方に暮れた。もう体力はほとんど残っていなく、足の裏は薬の影響で歩くだけでくすぐったさが足の裏へと走る。この状態でどのような試練であろうともクリアできるとは思えない。しかし残るはあと一つだけ、一縷の希望を持って張り紙を確認しにいった。

「スライムを五十体倒せ……? なんだ、楽勝じゃないのっ!」

フェレットは喜びの声を上げた。今までと違い、ただ敵を倒せばいいだけ。しかも敵は迷宮でも最弱クラスのスライムである。

「スイッチ押したら始まりね。さぁ、どんどんかかってきなさい!」

フェレットが扉の横のスイッチを押すと同時に、扉の横二か所に穴が開く。そして左右から一匹づつスライムが現れた。

「楽勝ね!」

フェレットの二丁拳銃が火を噴く。スライム達は部屋に入ると同時に打ち抜かれ、部屋中に散らばっていった。
……ここでフェレットは見逃していたことがある。
ここはいつもの迷宮と違い、小さな小部屋だということ。
そして、倒されたはずのスライム達がわずかながらに動いていることに……



------------------------------------------------------



「あと二十体ってところかしら、簡単ね。全部こんなのならぁああ!?」

フェレットは弾の補充をして次のスライムを待っていると、突然大きな悲鳴を上げた。足の裏に今まで苦しめられてきたむず痒い刺激が走る。

「な、なんなのよぉ……ひゃぁ!! こ、これは……」

先程まで倒した30体のスライム達。それらの飛び散った破片が少しづづフェレットの足付近まで集まってきていたのである。銃が当たり弾けた小さな一体一体がただくすぐるためにフェレットへと近づいていく。その中の一体がフェレットの足へと跳ね、張り付いてしまっていたのである。

「ん、くくくっ、油断した……わ。こいつを取るためにしゃがんでいる余裕はなさそうねっ、うひゃあ!」

あまりにも単調な壁から出てくるスライムを撃つだけの作業にフェレットはすっかり油断しきっていた。そのため微小の動きを行う周りのスライムに気づくことができず、周りにはスライムの残骸だらけとなってしまい足の踏み場も無い。更にまずいことに先程の関門で足の裏へと塗られた薬はまだ抜けきっていない。小さなスライムの破片が一匹足の裏でうにうに動くだけでフェレットはくすぐったく感じてしまう。

「くっ、ちょっとずつでも動かないと、あっっくっくくくくくく!」

この部屋が小部屋であるため、フェレットの周辺ほぼスライムだらけになっていた。できるだけ踏まないよう、動き、足の裏のくすぐったさに耐えつつもスライムを回避し続ける。

「あと十体、もうもっと早く出なさよっ……ってひゃあ! あっ……」

フェレットが次に足を踏みだした場所にはもうスライムが塊を作っていた。フェレットは足を滑らせ尻餅を着いてしまう。

「い、急いで立たないと! きゃひ!! だ、だめぇ!」

フェレットがお尻を着いた先にもスライムはあった。そのスライムは全て張り付き、それぞれ服の中に入り込んでしまう。なんとか立ち上がりはしたものの、もうフェレットの身体には多くのスライムが張り付いてしまっていた。

「んひぃ! い、移動しないで、あはははっはははは、脇腹だめぇ!! やだぁ!!」

お尻に張り付いたスライム達は脇腹へ昇りへと更に上へと移動を始めた。小刻みにぷるぷる震えながら移動され、フェレットは成す術もなく悶えた。

「あ、足ぃ!! くひゃああああああ!! そっこはっっはぁぁああ!!」

足全体にも既にスライムは大量に張り付いている。薬で敏感になった足をスライムで覆われ、足元をふら付かせながら笑い続ける。 

「やめてよばかぁ!! くすぐったいからぁ!! あっあっはははははははははははは!!」 

フェレットはもう銃を握りしめてはいるものの、倒れてはいけないという意思だけでもっており、まともに戦闘を行えなくなっていた。それどころか壁から出たスライム達が自分に近づいて来ていることに気づくことすらもできなかった。

「ひゃめえっ、こんなっ、ってあぁっ!?」

まだ大きな状態であるスライムがフェレットの足へとぶつかる。ぎりぎりの状態で立っていたフェレットの足は堪えることなどできることもなく、スライムだらけの床へと倒れこんでしまった。

「ひ、やめっ、お願いっ! 来ないでぇ!」

フェレットが倒し損ねたスライム達が四肢の上に乗り拘束し、小型のスライムがフェレットの体中を昇り始める。スライムが移動することによるくすぐったさと、これから始まることへの恐怖でフェレットはただ叫び声を上げる。

「ひひひひひひっ! おねがっやめてぇ! だめぇ!!」

そして配置に着くと同時にフェレットの願いも虚しくくすぐり責めが始まった。

「うわっはははははははははははゃはははっはあっはははは!? あ~~~~ひゃひゃひゃひゃひゃひゃっははははははは!! やらぁあははははははははははははっあはっあはは!!」


服の中へと潜り込んだ小さなスライム達はその身体を一斉に震わせ始めた。腋の窪みやお臍の穴い入り込みぷるぷる震え、脇腹や背中などは大きく上下しながらも身体をこすり付ける。慎ましい胸やお尻といった際どい部分にもスライムはこびり付き、悩ましい刺激を送り込んだ。

「んあっっひゃめええええええ!! きゃぁ~~はっははははははははははっははっ!! おかしくなっちゃうからぁ!!」

そして足の裏へのくすぐりにおいてはフェレットが倒せなかったスライム達が拘束担当以外全て集まっている。薬にスライムを引き付ける何かがあるのか、全ての個体が足の裏を責める。敏感になった足を徹底的に責められ、フェレットは泣き、叫び、助けを求める。

「いやぁあああっははっははははははぁぁぁ!! 足の裏壊れちゃうよぉっははははははは!! あ~~~~ひゃひゃはひゃははははっはははは!!

すでにフェレットの全身はスラムまみれとなってしまっている。もう手からは銃は落ち、手榴弾のような武器もこのような小部屋では使いようがない。帰る扉が閉まっている今、フェレットに取れる手段は無い。

「もうやだぁぁああああっははっははっはははははははははははははは!! 誰か助けてよぉおおおおおお!!」

今までの試練と違い、時間制限などは無いため終わりが見えない。そしてここはくすぐりの迷宮、トラップで捕まった際に助けが来る確率は限りなく低い。
冒険者は永遠と笑い続けた……









……という感じなのですが、これをブログで上げた理由としまして、本当は試練が5つの予定だったのです。
しかしネタが出なかったので、とりあえず三つでこちらで先行公開となりました。
いつか加筆修正してpixivに、と思う次第であります。
べ、別に3月5日だからってわけじゃないんだからね! 
フェレット大好きなとあるお方、誕生日おめでとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。